■ ドライクリーニングについて

ドライクリーニングとは水を使わないクリーニングのことをいいます。詳しくいうと有機溶剤を使う
洗浄方法になります。溶剤は親水性がなく、油脂の溶解力にとても優れています。さらに油脂
溶解力があるということは、繊維に汚れを接着させてる皮脂などが水には全くないため、すば
やく汚れを溶かして取り去るクリーニング方法になります。

そしてドライクリーニングには親水性がないため、大切なお洋服の繊維をふやけさせたりはし
ませんし、型崩れしたり、色落ちするようなことを抑えた、画期的な洗浄方法ということです。
ドライクリーニングで洗われる洋服の種類は、スーツやコートなどです。しかし、汗やお酒など
の水溶性の汚れはこの方法では落ちにくい特徴もあります。その場合はウエットクリーニング
で洗濯します。

■ クリーニングと染み抜きの違い

クリーニングと染み抜きの違いについて紹介します。まずランドリーはYシャツやシーツなど、
耐久性の高い衣料品を、洗濯機で温水洗いする洗濯方法のことをいいます。最も洗浄力の
強い洗濯方法です。さらにランドリーは体から出る汗や脂、空気中の排気ガスなどの、水に
まったく溶けない性質の汚れを落とすクリーニング方法です。

そしてウエットクリーニングとは、ぬるま湯で洗濯するクリーニング方法です。汚れは複合的
に付着している場合が多いので、ドライクリーニングできれいに除去できない事が多いです。
そんなときはウェットクリーニングできれいに染み・汚れを落とす事が大切です。

■ 毎日の保管収納について

一度しか着ていない服でもそのまま収納してしまうと、シミやカビ、虫食いの原因となってし
まいます。衣類についたフケやほこりは長時間放置しておくと、シミや汚れ、くすみの原因
になりますので、外から帰ってきたら簡単に落ちる汚れは落としておくことをお勧めします。

そして、もしシミがついてしまった衣類は早めの処置をとることが大切です。しっかりと染み
の状況をクリーニング店で説明すると、最適な処置ができるので、格段に汚れが落ちやす
くなります。

■ クリーニング店開業

クリーニング店を出店するなら基本的に駅前がいい考えられます。サラリーマンが出社ついで
に出すことができるのと単純に人の目に触れる機会が多いからです。ただ駅前は家賃が高い
のでうまくバランスを取る必要があります。