宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  ウェットクリーニング > ウェットクリーニング

 ウェットクリーニング

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは、取扱い絵表示でドライクリーニング表示されている衣類を、
水を使って洗浄する処理の事です。

水溶性(汗や泥など)の汚れがたくさんついている時などに効果を発揮します。
仕上げにも高度な技術を必要とされるものです。

夏場など汗が大量に付いてしまった衣類は、ドライクリーニングで完全に汚れを取り去る事は、
できません。そのまま保管していると、汗汚れの部分が時間経過で黄ばみや変色してしまいます。

汗をかきやすい夏に着用した衣類は、ウェットクリーニングされてから保管することおすすめします。

特におすすめしたい衣類として、
・肌に直接触れる衣類
・汗などがついた衣類
・汗でパリパリになったパンツ類
などがおすすめです。

この方法は通常水で洗えない衣類を水で洗うことですから、高い技術、
そして大変な時間と手間が要されます。

ドライの場合と比較すると2倍〜10倍くらいの手間が掛かってしまいます。
そのため、価格が多少割高になってしまうのはその為です。

Yシャツやスーツなどの汗汚れをキレイにする汗抜きクリーニングは、
お店により違う言い方をされていることがありますので、それにも気をつけましょう。

汗汚れを除去するためには2つの方法があります。
1.水で洗う方法
2.ドライ溶剤に汗汚れを除去する洗剤を追加して洗う方法

ドライ洗いも効果はありますが、汗汚れの除去に関してだけ言えば、
水洗いの処理と、かなりの差が出てきてしまいます。

ですから、汗が大量に付着した場合や衣替えで保管する場合は、
こちらの方法をおすすめしたいのです。


■お店も選ぶようにしましょう!
・本来ウエットクリーニングする衣類をドライクリーニングだけで終わらせるお店
・納得する説明もしないで「ウェットクリーニングはできない」などというお店
このようなお店は信用できる良いお店とは思えません。

良質のクリーニング店は、家庭で洗えるTシャツやポロシャツなどは、
ドライせずに水洗いで処理します。

ご家庭で洗っているような、綿やポリエステルのシャツやポロシャツ、
カジュアルシャツなど、水に対して耐久性のある衣類や肌に直接触れる衣類は、
無料で水洗いをしています。(できない衣類もある)

しかし中には、このような衣類を水洗いしないで、ドライだけですませている
お店もあると聞きます。

意識が高い良いお店では、肌に直接着用する、水に対して耐久性のある衣類は、
ほぼ水洗いをしています。

質問しやすく、納得する説明をしてくれる、なおかつ仕上がりに満足できる、
そんな信頼できるクリーニング店を見つけることが大事です。
さらに、洗濯したい衣類を、定期的に回収しに来てくれる宅配クリーニング業者を利用すると
家事がすこし楽になります。