宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  家庭でドライクリーニング > 家庭でドライクリーニング

 家庭でドライクリーニング

家庭でドライクリーニング

最近はドライコースという設定がある洗濯機や、クリーニング洗いが可能な家庭用洗剤やなども多く発売されていて、お店に出さなくても家で手軽にドライクリーニングができると思っていませんか?

本来のドライクリーニングと家庭でするドライクリーニング、同じ言葉を使うので、同じ効果を期待されている方も多いと思いますが、全く同じという訳ではないのです。

そのため、ご家庭でのお洗濯では、縮みや型くずれなどのトラブルをおこすこともあり、そんな失敗をしないためにも家庭でのドライクリーニング方法についてご紹介します。

◆衣類についている絵表示を確認しましょう。
ドライマークはドライクリーニングでなければお手入れできないという意味ではないのです。
ドライクリーニングができるという意味なので、ご家庭でのお洗濯でも注意をして行うなら、可能なのです。

◆クリーニング店の洗剤
クリーニング店の「ドライクリーニング」は、水を全く使用しません。石油系溶剤や塩素系溶剤を使用して洗います。
この方法の特徴としては、油脂の汚れはきれいになります。
一方、たんぱく質や汗ジミ、水溶性の汚れなどは落ちません。。

◆家庭でのドライクリーニング洗剤
家庭で使用できるドライクリーニング用洗剤(エマール・アクロン・モノゲンドライ&ウールなど)は、中性洗剤で作られており、水と洗剤力で汚れを落とすようになります。
ですから、汗ジミなどの水溶性の汚れや、油脂などの汚れも落ちるということなのです。
注意が必要なのは、ウール製品やレーヨン製品を扱う時です。
これらのデリケートな素材は、水に弱い性質を持っており、水を使うことによって型崩れや縮みがおきることもあります。取り扱いには特に注意が必要となるのです。

1 洗濯絵表示のチェックをする
2 洗剤の注意書きをしっかりと読んでから作業をする
3 洗う時とすすぎの時の水の温度差は縮みの原因


◆家庭でのドライクリーニング洗剤で洗えないもの
スーツ ジャケット ネクタイ 着物 皮革製品
その他、収縮・変色しやすいもの アイロンがけが難しいもの

※現在家庭で水洗いできるスーツなども販売されておりますが、そのような特殊加工されていない従来の上記のものは、やはり専門のクリーニング店にお任せしましょう。

◆手順
汚れのひどいと思われる、そで口・えりぐり・すそまわりなどは、前もって部分洗いやシミ抜きをしておく。
         ↓
洗濯するものはきちんとたたんで洗濯ネットに入れるなどし、ドライクリーニング用洗剤を水で溶かしたタライや桶などに、1枚ずつ、15分〜20分程度ていねいにつけ込む。
         ↓
たたんだままの状態で、脱水機を使い5〜10秒脱水する。
         ↓
たたんだままの洗濯物を、きれいな水に1枚ずつ入れ、すすぐ。
すすぎは1分以内とし、この作業を2回繰り返す。
このすすぎ作業に時間をかけると、縮みの原因になるため、手早くすることが大事。
         ↓
たたんだままの状態で、脱水機を使い10〜15秒ほど脱水。
         ↓
最後に洗濯ネットから衣類を取り出し、ひろげて脱水でついたシワをとり、かたちを整える。
日陰や風通しのよい室内で、衣類をひろげて干す。


ポイントを押さえて、トラブルを防ぎ、ご家庭でのドライクリーニングを楽しみましょう

引越し後や、新しい季節が来て、衣類を久しぶりに出した時は、少しお日様に当てて風通ししたり、
洗ってあっても、もう一度クリーニングや選択をしたいものですよね。
引越し料金の相場を知り、転居代が安く上がれば、宅配クリーニングに出すことも可能ですね。