宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  衣類が戻ってきたとき > 衣類が戻ってきたとき

 衣類が戻ってきたとき

衣類が戻ってきたとき

クリーニングから戻ってきた時に確認すべきことはこれです。

 シミや汚れは落ちている?
 預けた時と変わったところはないか?
 預けた衣類は全て戻ってきたか?
 

戻ってきた時に注意する点は
シミや汚れなど依頼した箇所の除去はできているか。
テカリや新たなシミや損傷など、出した時と変わったところはないか。
出したものは全部戻ってきたか。

クリーニング受け取り時、店頭での確認では気づかずに、戻ってきた時に何か気づいた場合は早めにクリーニング店に連絡しましょう。

時間がたってからではトラブルの原因特定が困難になってしまいます。
紛失の場合、クリーニング事故賠償基準により賠償されます。

そして、すぐに衣類をビニール袋から取り出して下さい。

部屋に吊るして、湿気や溶剤を飛ばします。
ビニール袋からだして、通気性のよい日陰で陰干しするとよいでしょう。

ホコリから守るためにビニール袋をかけたままの人がいますが、これは逆効果です。
クリーニングのビニール袋は、配送時や店頭で保管する時などにホコリや汚れがつかないようにする為だけのものなのです。

通気性の悪いビニールでは生地も痛みやすいですし、虫食いの被害にあう可能性や黄ばみの原因にもなるのです。
それにクリーニングの溶剤の匂いがついてしまったり、湿気がこもりカビがついてしまったりする事があるので、必ずビニール袋から出しましょう。

国民生活センターや消費者センターへの事故報告では、滅多にはないことですが、最悪の場合、溶剤が揮発せずに着用時に火傷を負うという報告があったとのことです。

ダウンやスキーウエアーなどは溶剤が残りやすいので特に注意して下さい。

スーツやドレスなどハンガー付きの衣類の場合は、ビニール袋から出して、針金のハンガーから専用のハンガーに掛けなおします。
こうすることにより、いつまでも型崩れさせないのです。
スーツやドレスを専用のハンガーに掛けなおし、風通しの良いところにかけ、溶剤臭をとばしてから収納しましょう。

衣替え時期などで長期間しまう場合は、専用の衣類カバーを使用した方がいいでしょう。

特におすすめは不織布を使った衣類カバーをかぶせることです。
不織布を使った衣類カバーは通気性が良いので、衣類全体が呼吸できてカビる心配がありません。またホコリもつくことはありません。

保管の際のカバーには、通気性がよいので、いらなくなったワイシャツを上からかぶせるという使用法もあります。