宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  洗濯機に入れる順番 > 洗濯機に入れる順番

 洗濯機に入れる順番

洗濯機に入れる順番

洗濯機に洗濯物を入れる時、無造作に入れてる方多いと思います。

入れる順番があるの知っていますか?

効率よく楽しくお洗濯物するために、洗濯機に入れる順番をご紹介します。

簡単に、入れる順番だけで言うと
(1) 水
(2) 洗剤
(3) 洗濯物 
この順番で入れていくのが正解です。

この順番をふまえた上で、あと少し追加の注意点をあげてみます。


◆洗濯機の機能は使いこなしてますか?
洗い・すすぎ・脱水 それぞれ適切な時間でお洗濯していますか?
干した時に脱水のシワがでてきているようなら、それは脱水時間が長過ぎなのです。
それぞれのご家庭にあった時間設定をしましょう。

◆洗濯機の適量とは?
洗濯物だけでなく、水や洗剤にも適量があります。
水の無駄使いや、洗剤の残りカスなどがないようにしましょう。
洗濯機には〈○㎏洗い〉という表示がされていますが、その表示より1㎏くらい少なめに入れた方が、洗濯機の負担にならずキレイにスムーズに洗うことができます。

◆水
水が少ないと洗濯物が動かず、汚れ落ちが悪くなる原因となります。
洗濯物が完全に水に浸り、スムーズに動く程度の水を入れましょう。
自動で水量が決まる洗濯機では、水が出始めてから洗濯物を追加してはいけません。
汚れがひどい場合には水を足しましょう。
水温は冷たいと洗剤が溶けにくいのは知られていますが、高過ぎても溶けにくいものなのでやめましょう。
また、生地を傷めたり色落ちの原因にもなります。

◆洗い
洗濯物の上から洗剤を入れては行けません。
衣類に入り込んで洗剤が溶けない・衣類の一部分にだけかたよってついてしまう、ということを防ぐためです。
洗濯機をまわしながら少量づついれることにより、混ざりやすく溶けやすく、洗剤の効果がでやすくなります。
粉末洗剤の場合は、他の容器に入れお湯と混ぜて、しっかり溶かしてから入れるといいでしょう。
洗剤で洗う時間は7分〜10分程度で

◆すすぎ
お水をためてすすぐ『ためすすぎ』の場合は脱水をはさんで3分のすすぎを2回
給水しながらすすぐ『注水すすぎ』の場合はすすぎは5分
洗剤の残りかすが心配で長くすすぎをする方もいますが、塩素による色落ちなどのトラブルを避けるためにも、時間を守りましょう。

◆脱水
脱水のしすぎはシワの原因です。
干したときに洗濯物に脱水のしわが出ていないのが目安です。