宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  洗剤の量について > 洗剤の量について

 洗剤の量について

洗剤の量について

お洗濯の時の洗剤の量を入れすぎている方いませんか?

汚れがひどい時などはついつい多めに入れてしまいますよね・・・

洗剤をたくさん入れると、その分汚れ落ちが良くなるように思いがちですが、実はそのような効果はないのです。

【一番大事なことは】
お使いの洗剤に表記されている使用量を守るということです。
その量が一番洗浄力が発揮できる濃度に設定されているのです。

汚れがひどく、どうしても多めに入れたくなる場合は、たくさん入れるよりは、お洗濯を二度洗いする方が汚れ落ちにも効果的でしょう。

多量の洗剤を使うということは、洗剤カスや石鹸カスが残りやすくなるということです。
これを防ぐには、すすぎの時に多量の水を使用するしかありません。

洗剤や石鹸の使いすぎは、余分な洗剤の排出量を増やすということなので、水質汚染の原因にもなっています。

※一般の洗剤以外にも、無添加洗剤や、洗剤なしでも汚れが落ちるという商品も出ています。
お肌の弱い方・アトピーや赤ちゃんには安心して使えて、環境にも良いということです。
一部ご紹介します。
◆イオン・パウダーソーダ重曹+過炭酸塩
環境への負荷なし
水に溶けやすい
無機質成分なので洗濯槽のカビや室内干しのイヤな匂いを抑制

◆イオン・パウダーソーダ重曹+純石けん10%
上記の商品に石けんを入れ、洗浄力と柔軟効果をアップ
肌の弱い方、小さな子供の衣類の洗濯に最適

◆エコリース
天然成分100% 無添加 無香料 の植物性天然石鹸にパイナップルから作った39種類の複合酵素を配分
この酵素が汚れや匂いの元を生分解
自然や生物にま無害で、この酵素が排水されると、配水管の汚れや河川や海のヘドロも分解

◆さとうきびとヤシの恵み洗ざい
生分解性に優れていて、微生物により素早く分解され海や川など自然にかえるエコ洗剤
哺乳瓶洗いや食器用洗剤としても使用できる

◆さらさ
蛍光剤 漂白剤 着色料が無添加
クエン酸の効果で汚れを落とす

◆ココナツ洗剤
香料 色素 無添加 非石油 非イオン系
除菌 脱臭 無公害性
静電気を帯びず汚れ付着なし
洗濯以外にも食器や野菜洗い ボディシャンプーとして ヘアシャンプーとして 家具や家電機器など用途多才

◆洗濯ボール
洗剤を使わないで、汚れを落とす
備長炭や天然磁性石トルマリン、セラミックなどの成分が洗剤と同じ界面活性作用を作り出し、洗剤を使わずにお洗濯
洗剤を使わないので、排水を汚さない、水や電気の使用量が減る、結果的に地球環境に優しい

洗剤を多くしても汚れ落ちの効果が上がらないことを認識し、環境にも家計にも優しく、賢いお洗濯をしましょう!