宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  衣類をしまう時の注意点 > 衣類をしまう時の注意点

 衣類をしまう時の注意点

衣類をしまう時の注意点

まず注意しなければならないのは、クリーニングから戻った衣類をビニール袋から必ず出すことです。

ビニール袋は運搬の時の汚れやホコリを避けるためのもので、保管袋ではありません。

ビニール袋のまましまうと衣類に含まれていた湿気が発散されず、カビや黄ばみなどの原因にもなります。石油系溶剤の場合は残留でまれに化学火傷をおこすこともあります。
衣類は袋から必ず出し陰干しをしましょう。

きれいにクリーニングした衣類は、収納場所もきちんとお掃除して収納しましょう。

クリーニングから戻った衣類はビニール袋に入っています。
それは運搬時の汚れホコリを避けるためのもので、保管袋ではないのです。

ビニール袋に入れたまましまうと衣類に含まれていた湿気が発散されず、カビや黄ばみ、イヤな匂いの原因にもなります。滅多にはないことですが、石油系溶剤の場合は残留で化学火傷をおこすこともあります。衣類は袋から出し陰干しをしましょう。

ほんの少しのしみや汚れも、衣類を食べる虫にとってはごちそうなのです。 特にウールは虫の大のお気に入りです。汚れや湿気は黄ばみやカビの原因にもなるので、 一度でも着た衣類は、きちんとお洗濯をしてから収納するように心がけましょう。

そして、きれいにお手入れをした衣類も、それを収納する場所が汚れていては台無しです。季節の 衣替えのまえには、収納場所もきちんとお掃除をすることを忘れないで下さい。

『クローゼット』にしまう時の注意点
適度なゆとりがないと、衿がくずれたり・しわの原因になってしまうので、衣類の詰め込みすぎに注意して下さい。収納容量の8分目くらいに納めることを心がけるといいでしょう。
衣類にカバーをかける場合は、通気性のある不繊布タイプのものを選びます。 特に長期間かけておくような衣類の場合はビニール製のものは避けなければなりません。
型くずれを防ぐポイントとして、ハンガーは洋服の形にあったものを選ぶこと重要です。特に肩のラインには要注目です。

『引き出し』にしまう時の注意点
湿気は上から下へとこもっていく性質があるので、収納場所は衣類の繊維の種類によって決めましょう。
上段には、シルク、カシミヤ、アルパカなどのデリケートな毛織物や大切なおしゃれ着を。
中段には、湿気や虫に弱いウールやその混合織物やポリエステルなどの科学繊維を。
下段には、綿、麻製品など比較的湿気に強くお洗濯しやすいものを。
次に、クローゼット同様に容量の8分目くらいの収納を心がけて下さい。
衣類をギュウギュウに詰め込んだ引き出しは、通気が悪いため湿気がこもり、カビの原因になってしまうのです。

『収納ケース』にしまう時の注意点
防虫剤が衣類全部にしっかりと行き渡るよう、ケースがびったりと閉まるタイプのものを選んで下さい。
避けたいのは、異なる素材の衣類をひとつのケースにしまうことです。 『引き出し』で区分したような繊維別にケースでも分けて下さい。収納ケースを重ねて押入れなどにしまうときは、その重ねる順番も同様に分けることをお勧めします。


『 防虫剤』を入れる注意点
防虫剤から出る成分は空気より重いものなのです。成分は上から下へと下りていくので、 防虫剤は衣服の上に適量を置くようにして下さい。
クローゼットなどパイプにかけるタイプの防虫剤は、等間隔にかけるとより効果的です。
種類も増えている防虫剤ですが、違う成分の防虫剤を一緒に使うと化学反応を起こし、衣類にシミがついたり変色がおこってしまうことがあるので特に注意が必要です。