宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  ご家庭での保管について > ご家庭での保管について

 ご家庭での保管について

ご家庭での保管について

衣類の収納や保管はとっても大切ですよね。

季節がかわり、着用しようと衣類を出してみると、カビや黄ばみや虫食いが発生していたり、衣類がシワシワだったりした経験ありませんか?

そんな悲しいことがおこらない為に、衣類の正しい保管方法があるのです。





















家庭で衣類を保管する際、かならずお洗濯をしてきれいにしてからしまいます。

自宅で洗えない衣類はクリーニングしてから保管しましょう。

衣替え時期、長期間保管する時は必ずビニール袋から出してください。
なぜなら、クリーニング後の衣類は、仕上げに大量の蒸気を使っているため水分を多く含んでいるからなのです。

保管する時には必ず防虫剤を使いましょう。
引越しなどで、衣類の箱詰めをする時も、オフシーズンの衣類は防虫剤を入れておくと安心です。
必ず説明書をよく読んでから使用して下さい。
種類も豊富になってきている防虫剤ですが、違う種類の防虫剤を一緒に使うと、ガスが出て衣類に悪影響を及ぼす事があるので要注意です。
同一種類の防虫剤を使用することをお勧めします。

湿気によるカビや変色などのトラブルも多くなってきています。
できれば防虫剤と一緒に除湿剤を併用されたり、梅雨時期は避け、お天気のよい日に陰干しをすることが大事です。

カビや虫食いを防ぐ保管対策は、カビや虫の栄養源になる汚れを、クリーニングにより取り除き、ビニール袋から出して保管することです。


毛、絹製品は防虫剤を入れ、絹・皮革製品には乾燥剤や除湿剤を入れるといいでしょう。
防虫剤は一種類だけを使用し、違う種類のものを併用しないようにしましょう。
お天気の良い日が2〜3続いた日に衣料を虫干しするのも忘れずに。

変色を防ぐ保管対策は、日光の当たらない、湿気の少ない所に保管することです。

型くずれを防ぐ保管対策は、その衣類にあうハンガーを必ず使い、間隔をあけて収納することです。
たたんで収納する衣類は薄紙等を間に入れ、シワがつかないように工夫します。


取り扱いが難しいと思われる毛皮も、ウール製品の保管に準じ、次のようにすればご家庭でも簡単に保管することができます。

まずは厚手のハンガーにかけ、ホコリよけの通気性のあるカバーをかける。
他の衣類に押されないようにゆとりをとって収納ダンス等にしまう。
必ず防虫剤(二種類同時に入れるのは厳禁)を入れる。
カビ等を防ぐため高温多湿の場所(お風呂場や炊事場等、水回りに近い場所)は避ける。
そして、保管前のクリーニングが、高価な毛皮を長持ちさせる最善の方法です。