宅配クリーニングの基礎知識と活用 >  ドライクリーニングとは > ドライクリーニングとは

 ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは、今から約130年ほど前フランスで開発されました。

水洗いでは型崩れや縮み、色落ちなどのダメージが衣類に生じる可能性があります。
それらのダメージを有機溶剤を使用することにより軽減できるようにした方法です。

この有機溶剤とは、石油や灯油、ガソリンなどが有機溶剤で油の仲間です。
この中の石油溶剤、パークロエチレンなどが使用されています。

ウール製品なども同様で、水洗いしてしまうと、縮みや型崩れが生じます。
この様なことを防いでくれるので、安心して洗濯する事ができます。

ちなみにクリーニング店でも使用している溶剤は、石油溶剤が多く使われています。
お客様の大切な衣類をお預かりしているので、この方法を取り入れているのです。

では、ドライクリーニングのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

■メリット
水洗いでは、汗などの水溶性の汚れは大変落ちにくい為、素材によっては
色落ちやその素材自体を傷めてしまう恐れがあります。

油脂系の汚れは水に溶けにくい性質があり、通常の水を使った洗濯では落とすことが
難しいのです。そこで有機溶剤を用いることで効果的に汚れを落とす事ができます。

ウール製品にも同様に縮みや型くずれがしにくいという特徴があります。
このような繊維は、水を使う事により膨潤したり、繊維の表面が変性したりするのですが、
有機溶剤を使用すれば、このような変化を防ぐとことが出来ます。

■デメリット
汗や食べ物の跳ねた汚れなどの汚れは、水で洗う洗濯に比べると落ちにくいのです。
繰り返しドライ製法を使って洗濯を行うと、水溶性汚れが蓄積されてしまう為に、衣料が
黄ばんでくることがあります。

また、多用されている複合素材の中には適さないものがあります。
例えば有機溶媒はとても溶解性が強いので、合成色素なども溶かすことができます。
しかし素材や品質によって、色落ちやボタンが溶けてしまったりすることがあるのです。


如何でしょうか、それぞれの洗濯方法を衣類素材に合わせて選ぶ事がとても大切です。
お気に入りの服が、洗濯の度にダメになってしまっては大変です。

衣類には、襟元や肌側に絵表示で適切な洗濯方法が表示されています。
洗濯前には、必ずその表記を確認して分別する事を心がけましょう。

ドライクリーニングを使用する事で多くの汚れを落とす事ができますが、どんな衣類でも、
洗濯を繰り返す事で劣化していくということは覚えておきましょう。

大切なお子様の服が、あっという間に色あせて縮んでしまった!
なんて事は無くしたいですね。

クリーニング店に行く時間がないときに、便利な宅配クリーニングというサービスがあります。
ふとんなどの重い物、毎日出るご主人のワイシャツや、季節の変わり目にスーツなど、回収も
お届けも業者におまかせです。